Event is FINISHED

第0回_エンジニア向けアニメーションハッカソン !!

Description
※2019/04/12_満員御礼!!10名分のみ増枠!

今回、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社様からもご協力いただくかたちになりました。
Unityアセットストアのアセットバウチャーとして、当日はUnity Asset Store(https://assetstore.unity.com/)が使用可能になります。
詳細は当日お伝えいたします!!

ーー
エンジニアの方だけでショートのアニメを制作するハッカソンを開催いたします!


今エンタメ業界にいる方もこれからエンタメ業界にチャレンジしたい方も、作りたいアニメ映像を制作し、参加者同士はもちろんアニメの監督やプロデューサーからフィードバックがもらえる新しい切り口のイベントになっています。

【今回のハッカソンのテーマ】
アニメ制作×ハッカソン
〜エンジニアの力でアニメ制作ができるのか僕たちはまだ知らない。〜

【なぜやるのか?】
2018年はVTuberが飛躍的に流行し、VTuberを活用したミュージックビデオや、VRを使った多くのアニメ映像などが数多くでてきました。また、それと並行してキャラクターを簡単に作れるアプリ、3Dキャラクターに簡単に動きをつけられるツール、VRの空間を自由にアレンジできるプラットフォームなど、こちらも数多くのツールやプラットフォームを生まれてきてます。

▼パンケーキ株式会社(審査員のりょーちも、迫田所属)で進めているVR技術を活用したアニメ制作の風景▼



▼参考映像▼
・【でくの座】映画村日々是々#10「でくの座 西へ」
https://www.youtube.com/watch?v=pHeYwlnRzP4&feature=youtu.be※上記は、VRChatに制作した舞台にて制作しています。


一方でアニメ業界ではデジタル化が注目され、進んできているものの、まだアナログが多いと言われる業界ではあります。

これからのアニメ制作を考えているなかで、これらのツールやそれを使いこなせるエンジニアの力があれば今までと全く別の切り口でアニメの制作はできるのではないかと思い、今回の企画が立ち上がりました。『アニメを観ているのはもちろん、アニメをつくるのも面白い』とアニメ業界だけでなく他業界にも拡がれば、よりこれからの可能性も拡がるのではないかと考えています。

本イベントはグループスタジオ戦略を掲げ、スタジオコロリドやジェノスタジオを擁するアニメ企画会社の『ツインエンジン』と、そのツインエンジンとクリエイターのりょーちも氏、プロデューサーの迫田氏が共同で設立した先進的なクリエイティブファーム『パンケーキ』そして、VRを黎明期から切り開いてきた先駆的存在の『桜花一門』と共同での企画になります。

今後エンタメ業界に切り込んでいきたい方々にとって有益な機会にしていけたらと思っています。
また、最後にはアニメ監督やプロデューサーを含めて実際につくった映像をみんなで見て、フィードバックする機会も作ってあります。

アニメ制作に興味ある方、エンタメ業界に興味ある方や仕事している皆様、アニメ×ハッカソンという新しい切り口で面白いイベントにしていきたいと思っていますので、奮ってご参加いただければと思います。

【今回の審査員の2名が昨年登壇した参考記事】
■アニメの世界に入れるようになる!? “アニメネイチャー”時代のアニメ制作スタイルとは?

http://www.animeanime.biz/archives/46134

【animeanime.bizより】
アニメの世界に入れるようになる!? “アニメネイチャー”時代のアニメ制作スタイルとは? – アニメ!アニメ!ビズ
アニメビジネス情報専門サイト。国内外の関連市場動向やビジネス視点でのインタビュー記事などを重点的に掲載。


【イベント概要】
■日時
2019年4月30日(火)10時〜22時30分(開場は9時45分〜)
 
■場所
Future Tech Hub
東京都中央区新川1-25-2 新川STビル2F

■アクセス
東西線・日比谷線「茅場町駅」3番出口より徒歩5分
JR「八丁堀駅」B4出口より徒歩6分

■ハッカソンのテーマ
アニメ制作×ハッカソン
〜エンジニアの力でアニメ制作ができるのか、僕たちはまだ知らない。〜

■アニメーションハッカソンのゴール
・制限時間内でショートムービー(30秒〜最長3分)を制作し、会場にて発表すること

■参加対象
・エンタメ業界でエンジニアをやっている方(ゲーム業界、VTuber業界 等々)
・これからエンタメ業界に入って仕事したいと思っているエンジニアの方
・自分でアニメを制作することに興味あるエンジニアの方

▼エンジニア枠▼
・VRでのコンテンツの開発者
・プログラマ
・ゲームコンテンツ開発者(ソーシャル、PC、据え置き型等、ジャンル関わらず)
・ハードエンジニア 等

※上記以外のエンジニアも問題ございません。

▼デザイン枠▼(数名募集)
・グラフィックデザイナー
・3Dモデラー  等

※今回については学生不可
※エンタメ業界の方はもちろんそうでない方も歓迎してます!!

■参加資格
・某有名なアニメ制作現場を題材としたTVアニメを見たことがある方
(開催までに見ていただければ問題です!!見てなくても大丈夫です!!)

■定員
20名(応募者多数の場合は抽選とさせて頂きますのでご了承いただければ幸いです)

■今回のスケジュール(想定)
09:00~ 運営会場準備
09:45~ 開場
10:00~ 開始
    ∟趣旨説明
    ∟ルール説明
10:30~ アニメーションハッカソン開始
    ∟ピッチ
    ∟チーム編成
    ∟アニメーション開発
19:00~ 発表
21:00~ 懇親会
22:30 Close、解散
※参加人数などによりスケジュールは変更する可能性がございますのでご了承いただければと思います。

■ルール
・1チーム3人〜5人程度のチームを編成して開発をする(チーム編成は当日行いますので参加は個人での参加で問題ございません。)
・使用するすべての素材の権利が問題ない状態にする(オリジナルのキャラクターをつくるか、二次創作ではないオリジナルキャラモデルの許諾を権利者に取って利用する)
・セリフをいれる
・映像は30秒〜3分程度の動画に編集する
・公序良俗に反するコンテンツは禁止

■会場にて用意する機材
・PC(1080搭載)×3台
・Vive×2 (やや不具合あり)
・OculusRift×1
・モニター×6
※数に限りがございますので機材をお持ちの方は持ってきていただければ幸いです。

■持ち物
今回のアニメーションハッカソンに必要だと思うもの
※ご自身のPCやVR機材等々の機材は持ち込み可能です。

■アニメーション制作に活用できそうなツールの一例
・VRChat(https://www.vrchat.net/
・Unity Asset Store(https://assetstore.unity.com/
・mixamo(https://www.mixamo.com/#/
・STYLY_VR空間作成プラットフォーム(https://styly.cc/ja/
※もちろんこちら以外にも使用して問題ございません。

■参加費
参加費2000円 ※いただいた参加費は全て懇親会費になります。

※懇親会以外の食事(昼食等)は各自でお願いします。

■備考
・チームビルディングは当日行ないますので、個人での参加も歓迎です。
・賞金等がでるイベントではございませんが、アニメ制作の新しい可能性と新しい視点のアイデア生み出し、ネットワーキングする場としてぜひご活用いただければと思います。


■アニメーションの審査員
審査員長
りょーちも(アニメ監督)

ゲーム会社勤務を経て、『BECK』(2004)で原画としてデビュー。
『ノエイン もうひとりの君へ』(2005-2006), 『NARUTO –ナルト-』(2006), 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007)で原画を担当。
その後 『鉄腕バーディー DECODE』(2008), 『鉄腕バーディーDECODE:02』(2009)でキャラクターデザインと総作画監督を、さらに『夜桜四重奏 -ホシノウミ-』(2010), 『夜桜四重奏 -ハナノウタ-』(2013)では監督も務める。
3D作品『亜人』(2016)ハイブリッド作品『正解するカド』(2017)などで演出を努め、2D3Dの垣根を超えてデジタル技術を積極的に取り入れる制作スタイルのクリエーター。


山元隼一 (アニメーション監督・アニメーション作家)

九州大学芸術工学部画像設計学科卒業。九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー卒業。
学生時代、自主制作アニメで国内外のアニメーションコンペで多数受賞。フリーランスのアニメ作家としてNHKや民放番組、舞台、ライブ、TVドラマ、MVなど様々な分野で アニメーションを担当する。
・ホームページ http://falcon-one.net/

▼制作実績▼
「熱血人面犬(2014)」の原作・監督やPSvita「Deemoラストリサイタル(2015)」ムービー監督
「おとなの防具屋さん(2018)」監督・シリーズ構成
「ニンジャバットマン(2018)」パート監督
「TIME DRIVER僕らが描いた未来(2018)」原案・監督
「星色ガールドロップ次回予告(2018)」コーナー監督
「ポプテピピックSP(2019)」オープニングディレクター
「君の名は。(2016)」3DCG
世にも奇妙な物語「石油が出た(2013)」アニメーション制作
「いきものがかかり全国ツアー みなさんこんにつあー(2013)」アニメーション制作
「ジョブチューン(2013)」のタイトルロゴデザインなど担当。


迫田祐樹(パンケーキ株式会社 代表取締役)

広告代理店、映像制作会社「Twiflo,LLC」にて企業アニメCM、アニメMV、短編アニメ制作、キャラクター制作などを担当。
2019年「パンケーキ株式会社」を設立し、代表取締役就任。
「株式会社ツインエンジン」新規事業開発課所属。
アニメネイチャーを掲げ、テクノロジーとアニメーションの融合と新しいデバイスやプラットフォームにおけるクリエイターと生活者の新しいコンテンツコミュニケーションの形を模索する。

・プリプロ主体のクリエイティブユニット「エクスペリメントラボ」ファウンダー
・アニメのイノベーションと一般企業とのコラボレーションを促進するNPO法人「ANIC」理事
・次世代のアニメを考える「アニメ制作4.0」主宰
・アニメとテクノロジーのコラボ事例を考える「Ani-Tech」主宰
・クリエイターにスポットライトをあてるメディア「JapanAnimeMedia」編集長

※審査員については変更や追加がある場合、随時更新してまいります。


■イベントリードオーガナイズ
濱中 良 (イベントプロデューサー)

アニメビジネスのアイデアソンや勉強会の企画や運営を行う。
過去に『アニメ×IT_アイデアソン』、『アニメ業界の制作と製作_課題解決アイデアソン』、『アニメ×スタートアップ』などの50〜100人規模のビジネスイベントを毎年開催。企業内でのアイデア発見、課題解決、育成・研修としてのワークショップも実施。


■会場協賛
Future Tech Hubfuturetech-hub.com

Future Tech Hubとは・・・
2016年12月に開設した日本で唯一のVR/AR開発者/ スタートアップ向けコワーキングスペースです。HTC VIVE、 Oculus等VR機材を完備した開発環境を提供しています。 VCからの大型資金調達や大企業へのEXITを実現したスタート アップも輩出しています。

Future Tech Hub — 日本で最高のVR/ARスタートアップ環境 "フューチャーテックハブ"
日本初VR/AR特化インキュベーション施設 Future Tech Hub フューチャーテックハブ


■Unityアセットストアのアセットバウチャー
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社

Unity Asset Storehttps://assetstore.unity.com/

■主催
パンケーキ株式会社http://pancake-lab.com/


■共催
株式会社ツインエンジンhttps://twinengine.jp/


桜花一門http://ouka.s108.coreserver.jp/


■開催イメージ(※リードオーガナイズの過去開催のイベントより引用)







■問い合わせ先
濱中 良
メールアドレス:ryo_hamanaka@twiflo.com

※ご不明点等ありましたらお気軽にご連絡ください!
※もし取材や機材のご提供、または本イベントにご興味あってご一緒したいという企業様・個人様がいましたら上記メールアドレスまでお気軽にご連絡いただければと思います。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#428739 2019-04-23 10:54:19
More updates
Tue Apr 30, 2019
10:00 AM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費無料(夜の懇親会費のみいただいております。) SOLD OUT ¥2,000
満員御礼!!10名分のみ増枠 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
中央区新川1丁目25−2 Japan
Organizer
パンケーキ株式会社
62 Followers